つぶやきより少しだけ長い何か。

忘れたくない感覚の記録

兵庫県多可町の森林公園で間伐の体験をした。

5月のよく晴れた過ごしやすい日曜日に、兵庫県の多可町という町にある森林公園で、間伐の体験をした。

 

間伐というのは、森に生えすぎた木を間引く目的で木を切り倒す作業のことで、間伐をすることで、森の中に入る光の量が増えて、森の動植物の生育環境が改善されたり、水の流れが良くなって土砂災害を防止できたり、いろいろと良いことがあるらしい。

 

間伐の作業は、切り倒した木の下敷きになろうものなら命を失いかねない危険なものだけど、この間伐体験は熟練のガイドの指導のもとで、実際に木を切り倒したり、切り倒した木の枝刈りをしてふもとへ運ぶ作業を体験できるとのこと。

 

兵庫県の山間部の、のどかな山道の中を車を走らせてたどり着いた目的地は、目の前にダムの湖畔が広がる静かな公園で、着いた途端、ほっと落ち着いた気分になる。

 

 

体験会が始まって、まずは簡単な講習のようなものがあるのかと思ったが、どうやらいきなり森の中に入っていくらしい。装備を身に着けている間に、山の中で遭遇する山ビルやスズメバチの話を聞かされて、先程ほっとしたのもつかの間、一転気を引き締めて、なるべく肌の露出を避けながら、山の中に足を踏み入れていく。

 

森の中を5分も歩くと、事前にガイドの方が今回間伐する木をマーキングしていたポイントにたどり着く。今回の間伐では、直径20センチほどのヒノキの木を切るらしい。木を切る作業に参加する我々は全員素人なので、危険な電動のこぎりは使わずに、子どもでも扱えるサイズののこぎりを使って切っていく。

 

 

作業の前に、木にのこぎりを入れる角度やのこぎりの扱い方を教えてもらって、実際に切る作業を代わる代わるやってみたけれど、正しい角度でのこぎりを入れるのは難しく、切っていくのには予想以上に力が必要で、2,3分も作業をしていたらあっという間に息が上がってしまった。

 

 

それでも大事なポイントを所々ガイドの方に手伝ってもらいながら、木を倒す方向と、その反対方向の二箇所に交代で切り込みを入れていったら、どうにか木は狙った方向に倒れてくれた。直径20センチとはいえ、高さは十数メートルある木が倒れたときの衝撃は凄まじく、日常ではなかなか体験し得ない迫力を感じた。

 

 

間伐の作業は、木を切り倒したらそれで終わり、ではなく、そこからさらに切り倒した木の枝を刈って、持ち運べるような長さまで切った後、ふもとまで運んでいく。

 

 

木を切り倒す作業もなかなか大変だったが、この運ぶ作業もかなりの重労働で、華奢に見えていた先程の木が、実はこれだけの重量があったのか、と驚かされる。それでも、比較的軽いものは肩に載せて運んだり、重いものはロープをつけて複数人で引っ張りながらなんとか全ての木材をふもとまで運び終えた。

 

 

ふもとまで持ち帰った木は、木の皮を剥がした状態で乾燥させた後、クラフト用の木材に加工されたり、プランターやベンチの材料になったりするらしい。皮を剥がした木の表面は、白くきれいで、まだ水でぐっしょり濡れており、まだ木が立っていた頃の生命を感じた。

 

体験会で経験したことの一つ一つが、経験したことないことばかりで、やってみようと思わなければ一生やらないかもしれない、貴重な体験を得られたこの体験会だったが、参加料はわずかに1人あたり100円であった(何らかの税金を使った事業なのかもしれない)。

 

奥さんはこの体験会のチラシを最寄りの図書館で見つけてきたらしいが、聞くところによると図書館にはネットで検索するだけではなかなか見つからない、面白そうな体験会や講演会のチラシがたくさん転がっているらしい。皆さんも地元の図書館にちょっと足を伸ばして、貴重な体験のタネを探しに行ってみるのも良いかもしれない。

 

おしゃれ「じゃない」方の淡路島。

関東の方はあまり実感がないかもしれないが、今、関西では淡路島がオシャレなお出かけスポットとして、ホットである。

 

というのも、少し前から大手人材企業が資本を入れて、関西圏からアクセスの良い北淡エリアを中心に、海の見えるレストランやカフェを作ったり、大きな公園の中にアニメとコラボしたアトラクションを作ったりして、集客に力を入れているからである。

 

淡路島は、気候も穏やかで過ごしやすいし、玉ねぎなど地元の美味しい食材も多いので、こうした気軽にリゾート気分が楽しめる施設が増えているのは、歓迎すべきことである。

 

けれど、そんな淡路島を巡っていくうちに、淡路島が「オシャレ化」する前からある、ちょっと地味めなスポットも、実はとても楽しめることが分かってきたので、今回はそんな場所を紹介したい。

 

吹き戻しの里

1つ目は、「吹き戻しの里」というおもちゃ作りを体験できる施設だ。「吹き戻し」とは、子どもの頃に駄菓子屋さんでよく売っていた、笛みたいな形をしていて、吹くと先っぽが伸びたり縮んだりする、あのおもちゃである。

 

 

体験料を払って施設に入ると、はじめに吹き戻しの材料を選ぶ。材料は色とりどりの柄の中から、自分の好きなデザインのものを選ぶことができる。体験では、吹き戻しを6本も(!)作ることができるので、好みの柄を沢山選ぶことができるのもお得だ。

 

 

材料を選んだら次は、施設の方に吹き戻しの作り方を教わる。「あの、吹いたら戻る先っぽの部分をどうやって作るのだろう?」と教わる前にいろいろ想像していたのだけど、教わった作り方は、予想とは全く違っていて驚く。けれど、作り方自体は小学生ならば低学年でもできるくらいに簡単なので安心して欲しい。

 

 

先っぽの部分を吹いたら戻るように細工して、それを笛の部分にテープで取り付けたら吹き戻しの完成である。私たちが訪れた日は昨今の世界情勢を鑑みてか、ウクライナカラーのデザインが選べたので、私もその色を選んで1本作ってみた。

 

 

吹き戻しを作った後は、施設の方が、吹き戻しを吹いて遊ぶときの「ちょっとした裏技」を教えてくれたりもする。どんな裏技なのか興味を持たれた方は、ぜひ体験施設に足を伸ばして実際に聞いてみてほしい。

 

たこせんべいの里

もう一つの、「地味め」スポットは、北淡から少し下った津名一宮というインターを出てすぐの場所にある、「たこせんべいの里」というスポットである。こちらは、残念ながら写真を残していないので、サイトのリンクだけ残しておく。

 

www.takosato.co.jp

 

「たこせんべいの里」は、淡路島の名産品の一つである、たこせんべいを製造・販売している直販施設なのだけど、この施設がユニークなのは、販売している何十種類ものたこせんべいがすべて試食可能となっていて、「試食」に非常に力を入れているところである。(試食で喉が渇いた人のためにコーヒーやお茶が自由に飲めるコーナーまである)

 

といっても、昨今のコロナ禍の影響で、このたこせんべいの里も一時期は、名物だった試食を中断せざるを得ない状況に陥ってしまった。

 

しかし、しばらく経ってからこのたこせんべいの里を再度訪れてみたら、試食の箱をタッチレスで開閉できる装置が設置されていて、試食コーナーが復活していた!たこせんべいの里の試食へのこだわりは恐るべし、である。

 

たこせんべいの里のたこせんべいは、種類が豊富なだけでなく、実際にとても美味しく、私が訪れたときは、いつも詰め合わせのセット(大きな袋に入って500円ちょっとでリーズナブル)を買って帰っている。

 

最近オシャレなスポットが急増中の淡路島だけど、吹き戻しの里や、たこせんべいの里のような昔ながらのスポットも、なかなか味わい深くてなごむし、地元の方の「淡路島を楽しんでもらおう」という努力も垣間見ることができて、「また来よう」という気分になる。

 

淡路島に行かれる際には、オシャレな淡路島スポットと組み合わせて、「じゃない」方のスポットにも是非訪れてみてほしい。

 

受験塾に通い始めてから、子どもの体調が安定しない。

上の息子が小学校5年生になって、周りの流れに乗るかのように、駅前にある受験塾に通い始めた。

 

受験塾のスケジュールはなかなか過酷だ。授業は週に3回あって、そのうち週に1回は、夕方の5時から9時まで、4時間もの授業を受ける。もちろん各科目で宿題もどっさりと出されるので、授業がない日にもかなりの時間をかけて宿題をこなさないといけない。

 

今のところ、学校とは違う塾の雰囲気が楽しいようで、塾通いは楽しんで行っているし、宿題も量が多いとブツクサいいながらもこなしている。

 

けれど、もともとの子の体力の無さがたたってか、塾に通い始めるようになってから、子どもがたびたび熱を出すようになってしまった。

 

 

コロナ禍のこのご時世、熱が出たときの対応は結構面倒で、発熱のたびに即座にPCR検査をやっている近くのクリニックを受診し、学校と塾に欠席連絡と検査の結果報告を行い、塾はオンライン受講に切り替えて...と毎回奔走させられている。

 

幸いにも幾度かの発熱はコロナによるものではなく、けれど心配になっていくつかの医者を回って受けた検査でも、気になる所見などはなかった。でも、4年生まで一度も学校を休んだことのなかった子が、急に発熱で欠席が増えてきたのは、やっぱり塾通いを始めたことに因果関係があると認めざるを得なかった。(塾にもたっぷりお金がかかっているし、はじめはあまり認めたくなかったけども)

 

なので結局、塾に慣れて子どもの体力が付くまでは仕方ないか...と観念して、週1回の4時間の授業がある日は、後ろの1コマをしばらくオンライン受講にするようにしたり、行き帰りの迎えの回数を増やしたりと、負担を調整しながらなんとか塾通いを続けている。

 

わが家は今のところ、家計的にも子どもの実力的にも中学受験をしようかどうか迷っている段階なので、塾通いも体調とのバランスを鑑みながらやれればいいか、と思ってはいるけど、小学校も高学年に差し掛かって「勉強も大事だけど、やっぱり必要なのは一にも二にも体力だな...」と痛感させられた、今日この頃なのである。